メニューを開く

MADE IN だいご

大子の自然と人が生み出す「すぐれもの」

茨城県の北の端。八溝山の麓に位置する大子町。
厳しい環境とさまざまな恵みを与える豊かな自然に囲まれたこの地では、
「土地」「気候」「知恵」がこの土地ならではの「すぐれもの」を生み出しています。

  • 土地
    大子を取り囲む八溝の山々。かつて海底であった山々には長い時間をかけてミネラルが蓄えられ、山々から染み出す清流として田畑を潤し、森の木々や山々の石が工芸品の原材料となっています。
  • 気候
    夏の猛暑と冬の厳寒。1日の寒暖さも大きい。厳しい気候を生き抜くために、農作物は栄養や糖分をたっぷり蓄えます。それが大子ならではの「旨味」となり、ここでしか味わえない「美味しさ」が生まれるのです。
  • 知恵
    限られた土地と厳しい気候の中で生活していくために、自然を味方にする術を身に付け、知恵を生み出していった大子の人々。その技術を受け継ぎ、高められて大子の「すぐれもの」が生み出されています。