メニューを開く

トピックス

大子町漆工芸展、道の駅奥久慈だいごで3月3日まで

19.2.20.

さまざまな作品を通して大子漆の魅力を伝えている大子漆工芸くらぶ(大森保夫会長)による第16回大子町漆工芸展が、3月3日(日)まで道の駅奥久慈だいご2階特設会場で開かれています。展示されているのは漆芸家の角田純一さん(福島県)と西川雅典さん(東京都)の作品ほか、同くらぶ会員らによる重箱、茶入れ、丸大皿、彩漆画、抹茶椀、花器、お盆など計102点。ヒノキや杉、ケヤキなどさまざまな材料を手彫りしたり自然の形を生かして装飾を加えるなど工夫を凝らし、大子漆で美しく仕上げた作品は見ごたえのあるものばかり。ぜひ、ご覧ください。午前10時~午後5時(最終日3時まで)。

ページの先頭にもどる