メニューを開く

トピックス

7月1日から「大子那須楮」写真展開催

18.6.29.

ユネスコ文化遺産指定・本美濃紙の原料

「大子那須楮」写真展

71日から町内各会場で開催

 

 大子那須楮保存会(齋藤邦彦会長)では、江戸時代から地域の特産品として作られてきた大子那須楮を広く多くの方に知ってもらうための写真展を開催します。大子那須楮は繊維が細く、絹のようの艶やかな光沢があるのが特徴です。その品質の高さからユネスコ文化遺産指定の本美濃紙(岐阜県)や、人間国宝の岩野市兵衛さんによる越前奉書(福井県)は大子那須楮のみを使っています。

 楮は春から夏に葉を茂らせて細長い幹を伸ばし、冬に刈り取って蒸し、皮むき、乾燥等の作業を行い、出荷します。今回は、そうした生産から加工、出荷までの写真と岐阜、福井の紙漉きの様子など計12点を展示します。

 

 日程・会場 ①71日~19日奥久慈茶の里公園

       ②8月22日~9月5日大子町文化福祉会館まいん

       ③9月15日~25日リバーサイド奥久慈福寿荘

       ④10月(日時未定)一般社団法人大子町特産品流通公社

 

 問い合わせ 大子那須楮保存会事務局(大子町特産品流通公社内)

       TEL0295768220 mail:info@daigo-iimono.com

ページの先頭にもどる